圏央道シンポジウム
開催日程:2018年3月2日(金)13:30
首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の5都県開通から1年、主要高速道路と結びついた交通アクセスの向上は、地域経済の活性化に大きな効果をもたらしています。そこで、企業関係者や有識者の方々をお招きし、圏央道開通によって物流・経済に顕れた「ストック効果」などを検証し今後の展望を議論します。
ストック効果とは

整備された社会資本が機能することによって、整備直後から継続的に中長期にわたり得られる効果。

プログラム(予定)

13:30 開演~挨拶
13:40
第1部

基調講演

「圏央道インパクト」とは何か

寺島 実郎

一般財団法人日本総合研究所会長、多摩大学学長

1947年北海道生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了後、三井物産入社。米国三井物産ワシントン事務所長、三井物産常務執行役員、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授等を歴任し、現職。国土交通省社会資本整備審議会道路分科会国土幹線道路部会長、同省国土審議会計画推進部会委員、同省スーパー・メガリージョン構想検討会委員等、国の審議会委員も多数務める。著書及びメディア出演も多数。

14:50
第2部

パネルディスカッション

圏央道の開通効果と課題を考える(仮)

●コーディネーター:

井伊 重之

産経新聞論説委員

16:10 終演

※内容は急きょ変更になる場合がございます。

主催:産経新聞社 国土交通省関東地方整備局

関連サイト
  • いべさん
  • ウェーブ産経
  • 産経グループ各紙ご購読はこちら
  • フジサンケイグループ
ページ先頭へ戻る