産経新聞85周年記念セミナー 共生社会の実現とパラスポーツ
2018年3月7日(水)(10:00~12:00)

産経新聞社は本年6月20日に産経新聞創刊85周年を迎えます。85年の歴史を次世代につなげていくため、報道や事業など、さまざまな記念事業を実施していきます。
その一つとして、共生社会への理解促進、障がい者スポーツ(パラスポーツ)のさらなる普及を目的としたセミナー「共生社会の実現とパラスポーツ」を実施いたします。本セミナーでは車いすバスケットボールの世界的権威であるホルスト・ストローケンデル博士をドイツより招いて、市民とパラスポーツのかかわりなどを講演いただきます。
このセミナーを通して国民や企業が共生社会の実現に向け、どのような取り組みを進めていけばよいのかを共に考える機会となるでしょう。
皆さまのご参加をお待ちしております。

※本事業は、政府が推進するスポーツを通じた国際貢献事業、「スポーツ・フォー・トゥモロー認定事業」として実施します。

講演概要

開催日程 2018年3月7日(水)10:00~12:00(9:30開場)
会場 大手町サンケイプラザ3階 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2
概要
第1部 基調講演

ホルスト・ストローケンデル博士

第2部 トークセッション

ホルスト・ストローケンデル博士、根木慎志氏、常見浩氏
モデレーター:森本利優(産経新聞運動部記者)

※第1部、第2部ともに手話通訳を配置しております。

出演

ホルスト・ストローケンデル博士

元ケルン大学教授/ドイツ車いすスポーツ連盟研修部門責任者/ドイツウィルチェアーラグビー連盟副会長

車いすスポーツの権威であり、車いすバスケットボールをはじめとしたさまざまなパラスポーツのクラス分けシステムの基礎確立に貢献したことで知られています。

(逐次通訳)橋本大佑氏
一般社団法人 コ・イノベーション研究所代表理事

根木慎志氏

シドニーパラリンピック男子車椅子バスケットボール元日本代表キャプテン

パラスポーツの普及・啓発活動で精力的に活躍中。パラリンピックサポートセンター顧問やパラリンピアンズ協会副会長も務めています。

常見浩氏

一般社団法人日本車椅子バスケットボール連盟理事

パラスポーツの黎明期から車いすバスケットボールの選手として活躍された経験を活かし、同連盟で車いすバスケットボール競技の普及、振興に努めています。

定員 100名(先着順)
参加費 無料
主催 産経新聞社
協力 三菱電機株式会社、一般社団法人 コ・イノベーション研究所
お問い合わせ先

産経新聞社営業局「85周年記念セミナー」事務局

TEL : 03-3275-8656

平日10:00~17:00(土・日・祝日除く)

応募要項

お申し込み方法

参加ご希望の方は、氏名、郵便番号、住所、電話番号、性別、年齢、職業、参加人数をご記入のうえ、メールまたははがき、FAXにてお申し込みください。

メール:
para-kouen@sankei.co.jp
はがき:
〒100-8697 日本郵便銀座郵便局JPタワー内分室 私書箱2165号
産経新聞社営業局「85周年記念セミナー」事務局
FAX:
03-3275-8932

※当日、車いすなどをご利用で、お手伝いが必要な方は、お申込み時にご希望の内容
 をご教示ください。可能な限り対応させていただきます。
※参加者には、折り返し「参加証」をお送りいたします。
※メール申し込みの方は、返信メールが参加証となります。当日受付にて、「参加証」
 をご提示のうえ、ご入場いただきます。
※応募者の個人情報は、当シンポジウムの運営にのみ使用します。

応募締切 はがき、FAX : 3月4日(日)必着
メール : 3月6日(火)17:00受信分まで
関連サイト
  • いべさん
  • ウェーブ産経
  • 産経グループ各紙ご購読はこちら
  • フジサンケイグループ
ページ先頭へ戻る