C型肝炎新時代

特集INDEX

第10回中牟田誠 先生(九州医療センター)×平井理央

2016年12月17日 産経新聞掲載

治療対象が拡大、表情も軽やかに
C型肝炎の治療方法はここ数年、劇的に変化した。この病気についてどこまでご存じだろうか。今回は九州医療センター肝臓センター部長、中牟田誠先生が解説する。

pdfはこちら

第9回大﨑往夫 先生(大阪赤十字病院)×平井理央

2016年12月16日 産経新聞掲載

選択肢増え、高齢者に朗報
C型肝炎かどうかはどのような検査で分かるのか、その症状はどのようなものか。今回は大阪赤十字病院消化器内科統括部長、大﨑往夫先生に聞いた。

pdfはこちら

第8回田中篤 先生(帝京大学医学部)×平井理央

2016年12月14日 産経新聞掲載

高齢者も治療、心も体も明るく
今回は帝京大学医学部内科学講座教授、田中篤先生に聞いた。

pdfはこちら

第7回奥新浩晃 先生(姫路赤十字病院)×平井理央

2016年12月11日 産経新聞掲載

正しい知識で適切な治療を
C型肝炎はどのような病気なのか、新しい治療法はどういうものか。今回は姫路赤十字病院副院長、奥新浩晃先生に聞いた。

pdfはこちら

第6回𠮷治仁志 先生(奈良県立医科大学)×平井理央

2016年12月10日 産経新聞掲載

放置せず、専門医に相談を
C型肝炎の治療法が進化したことを知らずに、感染していても、治療をためらう人もいる。しかし、放置は危険が伴う可能性がある。今回は奈良県立医科大学内科学第三講座(消化器・内分泌代謝内科)主任教授、𠮷治仁志先生に聞いた。

pdfはこちら

第5回滝川康裕 先生(岩手医科大学)×平井理央

2016年12月10日 産経新聞掲載

高齢者も治療可能な時代に
C型肝炎の治療法が進化したことで、これまで治療をあきらめていた人にも治療の適用が拡大している。今回は岩手医科大学消化器内科肝臓分野、滝川康裕教授に聞いた。

pdfはこちら

第4回宇都浩文 先生(宮崎医療センター病院)×平井理央

2016年12月09日 産経新聞掲載

放置するとがんリスクに
ここ数年、C型肝炎に対する経口薬が新たに登場し、治癒する可能性が高まっている。今回は宮崎医療センター病院、宇都浩文センター長に聞いた。

pdfはこちら

第3回狩野吉康 先生(JA北海道厚生連札幌厚生病院)
×平井理央

2016年12月09日 産経新聞掲載

高齢者もあきらめないで
C型肝炎はどのようにして感染するのか、新しい治療にはどのような方法があるのか。今回はJA北海道厚生連札幌厚生病院長、狩野吉康先生に聞いた。

pdfはこちら

第2回銭谷幹男 先生(山王メディカルセンター)×平井理央

2016年11月30日 産経新聞掲載

"沈黙"期間に検査受けて
C型肝炎の新しい治療はどのような方法なのか、ウイルスの除去後はどのようなケアが必要なのか。今回は山王メディカルセンター院長、銭谷幹男先生に聞いた。

pdfはこちら

第1回平田信人 先生(亀田総合病院)×平井理央

2016年11月27日 産経新聞掲載

検査と治療でがんリスク軽減
C型肝炎はどのような原因や経路で発症するのか、また放置すると、どのようなリスクがあるのか。今回は亀田総合病院消化器内科部長、平田信人先生に聞いた。

pdfはこちら
関連サイト
  • いべさん
ページ先頭へ戻る