シンポジウム「2030年の日本のエネルギー政策への提言 ~バイオ燃料が実現する環境対策と経済成長~」

日本初開催となるG20サミット首脳会議が、6月28日、29日に大阪で開催されます。
サミットでは、主要国首脳が一堂に会し、世界経済をはじめ、国際社会の共有課題について、幅広い議論が行われる予定です。
その中でも多角的な議論が求められるのが、地球環境に配慮した経済発展の道筋を示すための方策ではないでしょうか。
日本がリーダーシップを発揮し、国際社会の中で環境に配慮した経済成長を推進する存在となるため、G20を目前に控えたタイミングで、環境対策と経済成長の2つの課題解決のためのディスカッションを深めるシンポジウムを開催いたします。

開催日程:令和1年6月4日(日)開演 13:30~16:30(開場 13:00~) 会場:大手町サンケイプラザ 301~303(東京都千代田区大手町1-7-2)
イベントは終了いたしました。
多数の方にご来場いただき、ありがとうございました。

講演&パネルディスカッション ※随時発表

岩本 隆氏

慶應義塾大学大学院
経営管理研究科
特任教授

プログラム

13:00

開場

13:30~14:30

第一部 基調講演

「脱炭素による経済成長~バイオエタノールの活用~」
岩本 隆 氏(慶應義塾大学大学院経営管理研究科 特任教授)

14:45~16:15

第二部 パネルディスカッション

「なぜ今『バイオ燃料』なのか?
 ~エネルギー、農業、自動車など多面的な視点から~」
■パネリスト
岩本 隆 氏(慶應義塾大学大学院経営管理研究科 特任教授)
■コーディネーター
井伊 重之(産経新聞論説委員)
※その他登壇者は随時発表

16:15~16:30

Q&A

16:30

終演

フォーラム概要

開催日程 令和元年6月4日(火)
13時30分~16時30分(開場13:00~)
会場 大手町サンケイプラザ 301~303MAP
テーマ 2030年の日本への提言 ~バイオ燃料が実現する環境対策と経済成長~
定員 200名(入場無料)事前登録制
主催 産経新聞社
協賛 随時発表
協力 一般社団法人日本パブリックアフェアーズ協会

お申し込み方法

※応募1件につき
1名

① 郵便番号
② 住所
③ 氏名(ふりがな)
④ メールアドレス
⑤ 電話番号
⑥ 「産経スクエアを見た」を明記のうえ、下記へ。
■おはがきの送り先
〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-4-2 神田アーバンビル2階
ピーシーオーワークス内 2030エネルギーシンポ事務局宛
■メールの送り先
sankei_0604@pcoworks.jp
■FAXの送り先
03-3291-3635
お問い合わせ先 TEL : 03-6869-0833
2030エネルギーシンポ事務局
(月~金 10:00~17:00)

※お申し込み多数の場合は抽選の上、参加証をお送りいたします。

※参加のご連絡は参加証の発送をもってかえさせていただきます。

※お申込みされた個人情報は、本シンポジウムの参加証の発送のほか、運営に使用いたします。

※個人情報の管理は、産経新聞社が責任をもって行います。

※ハガキ・メール・FAXでお申し込みください。

関連サイト
  • いべさん
  • 産経ID
  • 産経グループ各紙ご購読はこちら
  • フジサンケイグループ
ページ先頭へ戻る